スターリィマン ドリーム工房☆はせがわ

一般社団法人スターリィマンからの贈りもの

プロジェクト一覧

星アイコン当団体のサイトは、新設ページに移行中です。http://starryman.webnode.jp/

完全にリニューアルが完了するまで、皆様方にはご不便をおかけ致しますが、

    何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

日本中の子ども達に紙芝居で笑顔と夢を贈る活動

東日本大震災復興祈念「スターリィマン紙芝居プロジェクト」

 

『スターリィマン紙芝居プロジェクト』では、被災した子ども達の心に笑顔と夢を届けるために、

はせがわファミリーが「スターリィマン」の紙芝居をライブと共にお贈りしています。

 

このプロジェクトが生まれたきっかけは、震災直後に活動のために沖縄を訪れたはせがわファミリーが、

神戸出身の女性(現在、沖縄県糸満市在住)と出会った事でした。
「被災地の子ども達には長期的な心の支援が必要。遠く離れた沖縄からも想いを届けたい」

1995年の阪神・淡路大震災で被災した彼女の願いに共感してくださった沖縄の皆様のご協力の元、紙芝居を制作。

2011年7月7日に本格的に始動しました。
キックオフイベントとして、沖縄県立美術館・博物館内の県民ギャラリーやカフェ、保育園、幼稚園、小学校などで

応援を呼びかけた後、 7月末から被災地での活動が始まり、これまでに約200回以上の紙芝居ライブを行いながら、

岩手・宮城・福島・茨城各地を訪れ、今も尚、子ども達や地域の方々との交流を継続的に行っています。

 

 未だ震災の爪痕が深く残る被災地では、先行きの見えない不安や、厳しい現実と日々向き合いながらも、

地域の方々が一丸となって、子ども達の健やかな成長を支えています。

この活動によって、子ども達の笑顔と夢が輝くことが、少しでも被災地の方々の心の支えとなり、

未来に希望を持って生きていただく力となることを切に願っています。


☆ これまでの活動やプロジェクトの詳細は、特設サイトをご覧ください☆

☆「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の応援グッズは、オンラインショップにて承っております☆

 

全国各地の大切な風景や伝統文化を描き、語り継ぐ活動「ふるさとの未来を輝かす心の原風景」

プロジェクトの原点「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜」4作品について

日本の四季の輝き

「作品の概要」

タイトル:「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜」 制作年月日:2009年11月〜12月 

サイズ:各200号キャンバス(横259cm×縦130.3cm) 画材:アクリルガッシュ

 

「制作の経緯」〜はせがわいさおより〜

そうさく

 2009年。絵画活動30年を迎えるにあたり、 

 改めて「自分の原点」について見つめ直しました。

 そして、自分の生まれ育ったふるさと「日本」を想った時、

 この大いなる自然に生かされていると、心から感じることが出来たのです。

 2009年12月に30年記念展を開催するにあたり、

  「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜」4作品を、200号キャンバスに描きました。

 この4作品を観てくださった方々のご感想から、日本人であれば誰の心にも、

 日本を愛し、ふるさとを想う気持ちがあることを再認識しました。

 今後、この4作品だけでなく、日本各地のご縁をいただいた地域の、

 風土・文化・伝統・人々と触れ合い、感動した風景や体験を元に、

 絵とお話の作品を創作。ふるさとの素晴らしさを分ち合い、ふるさとを愛し、

 誇りに思う心をアートを通して各地でつないでいきます。

 私たち日本人はずっと、この日本の自然の生命の恩恵を受けながら、

  生きてまいりました。今、失いかけている日本人としての誇りや、

 日本の美しい自然を未来へ届けるために、もう一度、原点に立ち戻り、

 日本各地から日本中へ、そして世界中に、日本の素晴らしさや輝きを伝え、

 何十年、何百年、何千年後の子孫の為にも残していきたいと願っています。

 

「被災地の未来を輝かす心の原風景」9作品

「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の活動で訪れた被災地の復興を祈り、

「被災地の未来を輝かす心の原風景」と題した作品を連作で描き、語り伝える活動を

2011年10月から被災地内外で行っています。


作品の中に登場する「スターリィマン」が届けている9つの風船と同じ、

9作品が完成する2013年3月以降は、かけがえのない日本中の子ども達の

夢とふるさとへの想いをつなぐ企画展を日本各地で開催することに致しました。

 

その第一弾として、紙芝居プロジェクト誕生の地・沖縄で5月に、

第二弾として、長野県伊那市で7月に開催しました。

今後も日本各地、ご縁をいただいた地域での開催を計画しております。


作品を通して、ふるさとの未来に込める切なる願いを皆様と共に分かち合い、

世代や地域を超えた温かなつながりが育まれる事を心から願っています。

 

スターリィマンからの贈りもの展@沖縄  

 

★「被災地の未来を輝かす心の原風景」詳細PDFはこちらからご覧ください★

 

第1作目 岩手県 陸前高田市「夢をつなぐ希望の道」(上)/「夢をつなぐ命のきずな」(下)

夢をつなぐ希望の道

陸前高田の奇跡の一本松陸前高田の奇跡の一本松

糸満小学校ゆめふるさとまつり

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.1

 

第2作目 宮城県気仙沼市「愛しき故郷よ未来からの贈り物」

愛しき故郷へ未来からの贈りもの気仙沼、最知陸前高田の奇跡の一本松

創作風景

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.2

 

第3作目 福島県会津若松市「誇りは輝く光となって」

誇りは輝く光となって鶴ヶ城制作風景復興祈念朗読会

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.3

 

第4作目 宮城県南三陸町「夢の道しるべ」

夢の道しるべ荒島陸前高田の奇跡の一本松

創作風景南三陸ホテル観洋さんにて

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.4

 

第5作目 岩手県陸前高田市「鎮魂のうごく七夕まつり」

鎮魂のうごく七夕まつり七夕飾り七夕飾り

創作風景大石公民館

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.5

 

第6作目 宮城県気仙沼市「望郷の夢の輝き」

望郷の夢の輝き

 

気仙沼安波山

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.6

 

第7作目 宮城県石巻市「未来へつなぐ幸せの架け橋」

望郷の夢の輝き

 

気仙沼安波山気仙沼安波山

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.7

 

第8作目 宮城県気仙沼市「感謝を受け継ぐ山田大名行列」

望郷の夢の輝き

 

気仙沼安波山気仙沼安波山

 

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.8

第9作目 福島県福島市「福島から春爛漫の贈りもの」

福島から春爛漫の贈りもの福島の春創作風景福島の春福島の春

 作品が完成するまでの経緯 「9つの風船便りVOL.9

アートでつなぐふるさとのきずな「ゆめふるさとまつり朗読会」 について

「ゆめふるさとまつり」は、「日本の四季の輝き〜春夏秋冬〜」の4作品から始まり、

日本のふるさとの原風景を題材にした作品を軸に、自分の生まれた国や地域に伝わる、伝統・文化、

現在に至るまでの歴史を、アートを通してもう一度見つめ直し、一人一人が自分の心の中にある

原風景と向き合うためきっかけづくりとして、2010年に埼玉県さいたま市大宮から開催致しました。

 

この「ゆめふるさとまつり」を通して、世代を超えた人々のつながりが生まれ、

各地域の自然や伝統文化、かけがえのない遺産を、皆様の想いと共に後世に伝える力となる事を切に願い、

2013年以降は、日本全国で開催してまいりたいと願っています。

 

ゆめふるさと夏まつり ゆめふるさと秋まつり

ゆめふるさと冬まつりゆめふるさと春まつり

ゆめふるさと冬まつりゆめふるさと冬まつり

ゆめふるさと冬まつりゆめふるさと春まつり

 

上田知事メッセージ清水市長メッセージ

「一般社団法人 スターリィマンからの贈りもの」に関するのお問い合わせ先

 会員へのご入会お申込み・当団体に関する各種お問い合わせは、

 お問い合わせフォームか、下記までお気軽にご連絡ください。

 

 電話…048-671-7708 FAX…048-671-7708 (担当:はせがわ祐希)

 封書でのご連絡… 〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-422-2
          一般社団法人 スターリィマンからの贈りもの 宛